So-net無料ブログ作成

The Power of the Atom [FO3:メガトン・シティ]

モリアティの店のすみで
何やら手招きをしてる人が。

1.jpg

なんだか身なりの良いちょっと場違いなような
いかにもうさんくさそう人だな。
何か話があるようだ。

2.jpg

!?
話を聞くと、なんとあの不発弾を爆発させて
メガトンの町を消し去ろうと企てているようだ。
なぜそんなことを。

3.jpg

この町と縁もゆかりもなさそうな主人公に目をつけ
その実行を依頼してくる。
当然断る。
この危ない人物を自分で排除することもできるのだろうが
あまり関わりたくない。
逆に爆弾の処理を頼んできたルーカス保安官に
知らせるという手もある。

4.jpg

爆弾の所では何やら演説のようなことをしている人がいる。

a.jpg

神父さま?
どうもこの爆弾を神聖なものとして崇めている宗教があるようだ。

b.jpg

話を聞いてみるけどあんまりよくわからないな。
核爆弾を信仰してるなんてヘンなの。

c.jpg

寄付をすることもできる。
なんかパンフレットもらった。
ふーん

d.jpg

爆弾の横にはその教会がある。

e.jpg

信者は保安官が望んでいる爆弾の無効化には反対みたいだ。
爆弾が炸裂することによる破壊と再生が救いみたいな教え?
でも積極的にそう望んでるという感じでもないようだ。
バークとは無関係か。

f.jpg

爆弾を調べてみる。

5.jpg

爆弾の無効化に成功!(ある程度のスキル能力が必要)

6.jpg

爆弾を解除しても神父の対応に変化はない。

8.jpg

保安官に報告。
報酬をもらい、そして喜んだ彼は、主人公のようないい奴は
ぜひこの町に住んでほしいと言って、なんと空き家をくれた!

7.jpg

ボローッ
しかし周辺の様子からしてごくごく平均的な家。

10.jpg

家に入るとなんかおる。

11.jpg

家のおまけにロボットが付いてきた。
水(回復アイテム)をくれたり、
キャラの髪型を散髪変えてくれたりする。
少し便利だけどちょっと邪魔。
家はアイテム保管場所としてとても便利。休むベッドもある。
家具のような便利施設をあとから追加することもできる。

12.jpg

爆弾を無効化するとバークはいなくなっていた。

9.jpg

共通テーマ:ゲーム

      

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。